XMの口座凍結、休眠口座の原因と対処法|復活手順と注意点を解説

2024.03.12

XMでは90日間口座を放置すると「休眠口座」、さらに90日放置(合計180日)すると「口座凍結」になります。
口座凍結されると、入出金や取引ができなくなるだけでなく、XMの会員ページやMT4/MT5へのログインもできません。
取引しない期間が長い場合には、口座が休眠・凍結しないような対策が必要です。

この記事では、XMの口座凍結・休眠口座の原因とその対処法、ペナルティが課せられる禁止事項について解説します。
XMで口座凍結を回避したい方やすでに口座凍結されてしまった方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

海外FXを始めるならXMがおすすめ!
筆者が海外FX初心者におすすめする信頼性の高い業者は「XM Trading」です。 日本人が設立した海外FX業者ということもあり、日本語サポートのレベルは他社に比べてかなり高くなっています。 また、最大レバレッジ1,000倍で安心してトレードを楽しんでいただけます。今なら口座開設するだけで、13,000円のボーナスをプレゼント!ぜひ海外FXにチャレンジしてみましょう。
 \ノーリスクで13,000円がもらえる!/

XMの口座開設はこちら

XMの口座凍結とは?休眠口座との違い


XMでは、一定期間口座を放置すると休眠・凍結という扱いになり、取引や入出金、会員ページ・MT4/MT5へのログインが制限されてしまいます。
まずは、口座凍結と休眠口座の違いや、休眠口座から口座凍結になる流れを紹介します。

XMの口座凍結とは?


XMの口座凍結とは、会員ページやMT4/MT5へのログインができなくなる状態です。
残高が0もしくは500円未満の状態で、90日間取引や入出金を行わずに放置すると、自動的に口座が凍結します。

また、XMの利用規約に違反した場合も口座凍結の対象です。
一度口座が凍結すると解除する方法がなく、新しく口座を作り直さなければいけません。

XMの休眠口座とは?


XMでは口座に残高がある状態で、90日間一度も取引活動を行わないと休眠口座になります。
取引活動とは、入金・出金・取引のいずれかを指し、会員ページやMT4/MT5へのログインは含まれません。

休眠口座になると、毎月10ドル相当の口座維持手数料が、残高から自動的に引き落とされます。
残高が10ドル未満の場合、その残高が全額口座維持手数料として差し引かれ、最終的に残高がゼロになってしまいます。

XMの休眠口座から口座凍結になる流れ


XMの休眠口座から口座凍結になるまでの流れは、以下のとおりです。

  1. 残高ありの口座で90日間、入出金・取引がないと休眠口座になる
  2. 残高から毎月10ドル相当額の口座維持手数料が自動的に引き落とされる
  3. 口座残高がゼロもしくは500円未満になり、さらに90日間放置すると口座凍結する

XMの口座凍結の原因と理由


XMでは理不尽な理由で口座が凍結されることはなく、必ず原因・理由があります。
ここでは、XMで口座凍結・休眠口座の原因と理由を解説するので、しっかり覚えておきましょう。

取引せずに90日間放置すると休眠口座になる


XMで取引せずに90日間口座を放置すると、休眠口座になります。
休眠口座の状態は、XMの会員ページやMT4/MT5へのログインは可能です。

ただし、毎月10ドル相当額の口座維持手数料が残高から自動で引き落とされます。

また、保有中のボーナスやXMポイントはすべて消滅してしまうので、ボーナスやXMP(XMポイント)を保有している方は注意が必要です。

休眠口座を残高0でさらに90日間放置していた


休眠口座になり、毎月10ドルの口座維持手数料が引かれ続けると、いずれ口座残高が0になります。
残高が0になってから、さらに90日間口座を放置すると口座が凍結されます。

口座が凍結されると、取引や入出金ができないことはもちろん、XMの会員ページやMT4/MT5へのログインもできません。

XMの禁止事項に引っかかった


XMの規約に違反するような禁止行為を行うと、口座凍結されます。

取引活動をしないことによる口座凍結は合計180日間の猶予がありますが、規約違反による口座凍結は発覚した時点で即座に口座が凍結します。

XMで禁止されているのは、次のような行為です。

  • 第三者による口座開設
  • 複数口座・複数業者での両建て
  • XMボーナスの不正取得
  • アービトラージ取引
  • XMのサーバーに過度な負担をかける取引

XMで取引する際は、事前に禁止事項や利用規約を確認しておきましょう。

なぜ口座凍結されたか分からない場合


なぜ口座凍結されたか分からない場合は、XMのカスタマーサポートに連絡しましょう。

XMの口座が凍結されるとメールが届きますが、口座凍結の原因や理由については記載されていません。

「規約に違反した覚えがない」「休眠口座にもなっていないのに急に口座凍結された」など、口座凍結の理由がわからない時は問い合わせてみることをおすすめします。

XMのカスタマーサポート

口座開設するだけで13,000円のボーナスがもらえるXM Tradingがおすすめ!
筆者が海外FX初心者におすすめする信頼性の高い業者は「XM Trading」です。 日本人が設立した海外FX業者ということもあり、日本語サポートのレベルは他社に比べてかなり高くなっています。 また、最大レバレッジ1,000倍、追証が発生しないゼロカットシステムを採用し、安心してトレードを楽しんでいただけます。今なら13,000円の口座開設ボーナスがもらえます。ぜひ海外FXにチャレンジしてみましょう。  
 \ノーリスクで13,000円がもらえる!/

XMの口座開設はこちら

XMの口座凍結・休眠口座の対処法


XMの口座凍結と休眠口座はそれぞれ対処法が異なります。
ここでは、XMの口座が凍結・休眠になってしまった時の対処法を解説しますので、参考にしてください。

口座凍結を解除はできない(新規口座登録をする)


まず前提として、凍結させられた口座を解除して復活させることはできません。
そのため、XMで再び取引したい場合は、新規口座開設(再登録)の手続きが必要になります。

なお、再登録の手続きをする際は、初回の新規口座開設時の同じメールアドレスを利用しましょう。
同じメールアドレスで再登録すれば、入金ボーナスの受け取り可能残高を再登録後の口座にも引き続くことができます。

休眠口座の復活手順


XMで休眠口座となった場合、再登録(新規口座開設)の手続きは不要です。

口座凍結とは異なり、休眠口座の原因となっている「非アクティブ状態」を解消することで、休眠口座のステータスを復活(解除)できます。

非アクティブ状態を解除する具体的な方法は次の2つです。

  • MT4/MT5にログインして取引を行う
  • 入金を行う

休眠状態では会員ページやMT4/MT5へのログインはできるので、上記のいずれかを行い休眠口座を復活させましょう。
休眠口座を解除すれば、10ドルの口座維持手数料が差し引かれることもありません。

MT4/MT5にログインして取引を行う


休眠口座のMT4/MT5にログインして、取引を行えば休眠口座を復活させられます。
取引によって休眠口座を復活させる場合、ロットサイズや取引銘柄に指定はありません。

例えば、マイクロ口座で最小ロット0.01ロット(10通貨)の取引でも取引活動としてカウントされ、休眠口座が解除されます。

また、取引の証拠金は必ずしも自己資金である必要はなく、ボーナスのみで取引した場合も含まれます。

入金を行う


休眠口座に入金することで、復活(解除)できます。

なお、XM口座内の資金移動は「入金」にカウントされず、休眠口座の状態は解除されません。
そのため、休眠口座を復活させたい場合は、資金移動ではなく自己資金を入金しましょう。

XMで口座凍結・休眠口座になるデメリット


ここでは、XMで口座凍結・休眠口座になるデメリットを5つ紹介します。

ボーナスが消滅する


XMで口座凍結もしくは休眠口座になると、獲得したボーナスがすべて消滅します。
取引口座を90日間放置するとボーナスが消滅し、消滅したボーナスは復活できません。

ボーナスは証拠金として取引に利用できるため、使わずに消滅するのはもったいないです。
ボーナスだけでも取引できるので、休眠口座になる前に全て使っておきましょう。

XMP(XMポイント)が消滅する


口座凍結・休眠口座になると、XMP(XMポイント)も消滅します。
XMPとは取引する度に貯まるポイントのことで、貯まったXMPはボーナスや現金に交換可能です。

口座が休眠したと同時にXMPがリセットされ、復活させることもできません。
また、XMのロイヤルステータスも初期の「エグゼクティブ」に戻ってしまうので、ステータスが高い方はご注意ください。

ログインできないのでMT4が使えなくなる


XMの口座が凍結すると、無効な口座となってMT4/MT5が使えなくなります。
MT4/MT5にログインできないと、チャートも更新されません。

トレードだけでなくチャート分析にも使えなくなるのでご注意ください。

休眠口座は毎月口座維持手数料がかかる


XMの休眠口座は、残高がゼロになるまで毎月10ドルの口座維持手数料が差し引かれます。
休眠口座の残高が10ドル未満の場合は、全額が口座維持手数料として引かれて残高がゼロになります。

なお、休眠口座になってもXM側から通知や連絡が来ることもありません。
今後使う予定がない不要な口座がある場合は、休眠口座や口座凍結になる前に口座を解約しておきましょう。

確定申告で必要な書類がダウンロードできない


XMで口座凍結すると、確定申告で必要な年間取引報告書がダウンロードできません。

年度途中で口座凍結した場合も、利益が一定金額を超える場合は確定申告が必要で、その際に取引履歴が必要になります。
口座が凍結されると、MT4/MT5や会員ページのログインができず、通常の手順では年間取引報告書が取得できません。

カスタマーサポートに「口座番号」と「必要期間」を連絡すれば、取引口座の取引報告書をメールで送付してもらえます。

海外FXを始めるならXMがおすすめ!
筆者が海外FX初心者におすすめする信頼性の高い業者は「XM Trading」です。 日本人が設立した海外FX業者ということもあり、日本語サポートのレベルは他社に比べてかなり高くなっています。 また、最大レバレッジ1,000倍で安心してトレードを楽しんでいただけます。今なら口座開設するだけで、13,000円のボーナスをプレゼント!ぜひ海外FXにチャレンジしてみましょう。
 \ノーリスクで13,000円がもらえる!/

XMの口座開設はこちら

XMで口座凍結などのペナルティが課せられる禁止事項


XMで口座凍結などのペナルティが課せられる禁止事項を8つ紹介します。
規約違反で口座が凍結されると、二度とXMで口座を開設できなくなるので、絶対にやらないようにしましょう。

第三者による口座開設


XMは、本人以外の第三者が口座開設することを禁止しています。
口座有効化の際に本人確認書類の提出が求められますが、登録情報と本人確認書類の情報が一致しなければいけません。
複数の口座を運用したい場合は、追加口座を開設しましょう。

複数口座・複数業者での両建て


XMでは同一口座内の両建てはできますが、複数口座・複数業者での両建ては禁止されています。

  • 複数口座間の両建て:XMで複数の取引口座を用いて行う両建て
  • 複数業者間の両建て:XMと他社口座の取引口座を用いて行う両建て

XMのボーナスを不正取得した


XMの口座開設ボーナスを受け取れるのは1人1回だけです。
偽造した書類で口座開設したり、他人になりすましたりしてボーナスを不正に受け取ると、規約違反で口座凍結になります。

また、XMでは取引するごとにXMP(XMポイント)が貯まりますが、不正の取引によってXMPを受け取っても口座凍結の対象です。

窓開けを利用したハイレバレッジトレード


窓開けを利用したトレードとは、週明けの「窓開け」後に発生しやすい「窓埋め」を狙って集中して取引することです。
週末の終値と週明けの始値が大きく乖離すると、週末のローソク足と週明けのローソク足の間に空白(窓開け)が現れやすくなります。
この空いた窓を埋めるように価格が動くことを「窓埋め」と言い、窓開け後は窓埋めが起こりやすいです。

XMでは窓開けとなる相場でトレードすること自体は問題ありません。

しかし、窓開けのみを集中的に狙ってハイレバレッジでトレードすると口座凍結の対象になるのでご注意ください。

接続の遅延・エラーを狙った取引


接続の遅延やレートエラーを狙った取引も禁止されています。

経済指標発表時などの重要なイベント時に大量の注文が入ると、接続遅延やレートエラーが起こる場合があります。

この接続の遅延やエラーのみを狙っていつも取引していると判断されると、規約違反として口座が凍結される可能性があるので注意しましょう。

アービトラージ取引


アービトラージ取引とは、XMと他社口座で同一銘柄を取引する際に生じるレートの価格差を狙ったトレード手法です。

複数のFX会社で同一銘柄のレートに多少のずれがあると、価格の安い方を買い、価格の高い方を売るという取引をすれば、損失を最小に抑えつつ高確率で利益を得ることができます。

リスクが実質ゼロの必勝法と言われており、悪用する方も多いため、海外FX業者全体で禁止されています。

XM以外に他社口座も同時に運用している場合は、十分注意しましょう。

XMのサーバーに過度な負担をかける取引



XMでは、短期間で高頻度の売買を繰り返す行為やそのようなロジックが組み込まれたEA(自動売買)など、サーバーに大きな負荷がかかるトレードは禁止されています。

XMは業界トップクラスの約定力と安定したサーバー環境が整っています。

しかし、サーバーに過度な負担がかかると、接続遅延やレートエラーの発生原因になってしまいます。

他のユーザーのトレードに影響を及ぼすリスクがあるため、サーバーに過度な負荷をかける取引は禁止されているのです。

自己アフィリエイトによる報酬の不正取得


自身が発行した紹介リンクを経由して口座を開設し、取引を行い報酬を得ることは禁止されています。

XMのアフィリエイトは、XMを第三者に紹介することが目的のプログラムです。

自身が発行した紹介リンクを使用して自身の取引で報酬を不正に取得する行為は、本来のアフィリエイトの目的とは異なるため禁止されています。

自己アフィリエイトによって報酬を不正に取得した場合、その報酬が没収されることはもちろん、口座凍結などの重いペナルティが課せられる恐れもあります。

XMで口座凍結・休眠口座にならない方法


ここでは、XMで口座凍結・休眠口座にならない方法を5つ紹介します。

複数口座を所有する


XMの複数口座を所有しておけば、予期せぬ口座凍結によって取引が制限されても別口座で取引できます。
XMの口座凍結・休眠口座は口座単位で実施され、たとえ口座Aが凍結しても口座Bは自由に取引できる状態です。

リスク分散や取引手法の使い分け目的で複数口座を所有するのが一般的ですが、口座の凍結・休眠を防ぐ目的でも十分に効果を発揮します。

XMは最大8口座まで開設でき、さまざまな使い方ができるので複数口座を所有しておいて損はありません。

海外FXを始めるなら 口座開設するだけで13,000円のボーナスがもらえるXM Tradingがおすすめ!
筆者が海外FX初心者におすすめする信頼性の高い業者は「XM Trading」です。 日本人が設立した海外FX業者ということもあり、日本語サポートのレベルは他社に比べてかなり高くなっています。 また、最大レバレッジ1,000倍、追証が発生しないゼロカットシステムを採用し、安心してトレードを楽しんでいただけます。今なら13,000円の口座開設ボーナスがもらえます。ぜひ海外FXにチャレンジしてみましょう。
 \ノーリスクで13,000円がもらえる!/

XMの口座開設はこちら

口座残高がゼロになる前に取引をする


たとえ休眠口座になったとしても、口座残高がゼロにならない限り口座は凍結しません。
口座残高がゼロになる前に1回でも取引を行えば、休眠口座からアクティブ口座へ復活します。

ロットサイズや取引銘柄に指定はなく、最小ロットで短期間の取引でも1回の取引としてカウントされます。

XMのマイクロ口座で取引をする


XMで口座凍結・休眠口座を回避するためには、マイクロ口座での取引がおすすめです。
XMには4つの口座タイプがありますが、マイクロ口座は他の口座タイプよりも少ない資金で取引できます。

小ロットであれば取引で勝てなくても資金はほとんど失わずに済みます。

口座凍結・休眠口座を避ける目的なら、少額で取引できるマイクロ口座を活用しましょう。

ボーナスを使ってトレードする


口座凍結・休眠口座にならないために、ボーナスを使って定期的に取引するのもおすすめです。

XMのボーナスは証拠金として取引で使え、有利に取引を進められるだけでなく、休眠口座になることも回避できます。

取引できない状況でも、取引口座に入金をして入金ボーナスを受け取るだけで休眠口座の回避につながります。

使わない口座は解約する


XMで使わなくなった口座があれば早めに出金・解約しておきましょう。
残高が残っている状態で口座を90日間放置すると休眠口座になり、毎月10ドル相当額の口座維持手数料が引かれます。

残高がゼロになるまで自動的に引かれるので、残高が残っている場合は非常にもったいないです。
使わない取引口座は、XM会員ページから簡単に解約できます。

なお、XMの口座は残高がゼロでないと解約できないので、もしも残高が残っている場合は「資金移動」もしくは「出金」をしてから解約手続きをしましょう。

XMで口座凍結・休眠口座になったときの注意点

XMで口座凍結・休眠口座になると入出金が制限されたり、残高が差し引かれたりする恐れがあります。
ここでは、XMで口座凍結・休眠口座になった時の注意点を解説します。

入金・出金について

口座の状態 入金 出金
休眠口座 ×
口座凍結 ×

XMの休眠口座の状態では入金はできますが、出金することはできません。
入金や取引によって休眠状態を解除することで、出金もできるようになります。

それに対して、口座凍結の状態では口座自体が削除されてしまうので、入金・出金ともにできません。
凍結を解除することもできないので、取引を再開したい場合は新しく口座開設しましょう。

残高について

XMで休眠口座になると、毎月10ドルの口座維持手数料が自動的に引かれるため、残高が毎月減っていきます。
休眠状態を解除しない限り、口座残高がゼロになるまで口座維持手数料が発生します。

口座維持手数料を払わないためには、取引や入出金などの取引活動を90日以内に行い、休眠口座にしないことが大切です。

XM口座凍結に関するよくある質問

XMの口座凍結に関するよくある質問をまとめました。

XMにログインできないのはなぜですか?

XMの会員ページにログインできない主な原因は次の2つです。

  • ログイン情報を間違えている
  • 口座が凍結されている

口座凍結の状態でログインしようとすると「お客様は現在凍結されているXMTradingリアル口座を保有されています。」というエラーメッセージが表示されます。

ログインしようとすると無効な口座と表示される

XMのMT4/MT5にログインしようとした時に「無効な口座」と表示される原因は次の2つです。

  • MT4/MT5のログイン情報を間違えている
  • XMの口座が凍結している

     XMの会員ページにログインできる場合は、MT4/MT5のログイン情報を間違えている可能性が高いです。

もしも「口座が凍結されています」と表示されたら、新しく口座を開設しましょう。

口座凍結後放置したらどうなりますか?

口座が凍結された時点で、自動で口座が削除されます。
一度凍結された口座は解除することはできないので、手続きは不要です。

休眠口座になった場合のみ、口座維持手数料が引かれないように取引もしくは入金を行い、休眠口座を復活させましょう。

XMで稼ぎすぎると口座凍結になりますか?

XMで稼ぎすぎたからといって口座凍結にはなりません。
口座が凍結するのは、口座を放置したもしくは何らかの規約違反をした場合がほとんどです。

稼ぎすぎによる口座凍結や出金拒否などはないので、安心して取引できます。

凍結口座は解約する必要はありますか?

XMで凍結した口座を解約する必要はありません。
口座凍結されると、自動で口座が削除されます。

休眠口座で口座に残高がある場合のみ、口座維持手数料が引かれないように解約手続きをしておくべきです。

口座凍結後、確定申告用の取引履歴を取得できますか?

XMで口座凍結されるとログイン自体ができないため、確定申告用の取引履歴が取得できません。
XMカスタマーサポートに問い合わせると、確定申告用の取引履歴をメールにて送付してもらえます。

なお、問い合わせの時は口座番号と本人確認書類が必要です。

まとめ

XMでは90日間口座を放置すると「休眠口座」、さらに90日放置(合計180日)すると「口座凍結」になります。
口座が凍結すると解除(復活)する方法はなく、新しく口座を開設し直さなければいけません。

このような事態を防ぐためにも、定期的に入金や取引などを行う必要があります。

なお、取引活動をしないことによる口座凍結は合計180日間の猶予がありますが、規約違反による口座凍結は、発覚した時点で即座に口座が凍結します。

規約違反で口座が凍結させられると、二度とXMで口座を開設できなくなる恐れがあるので、事前に禁止事項や利用規約を確認しておきましょう。

筆者がおすすめする海外FX業者XM

XM Trading

XMの詳細
オススメ度 ★★★★★
最大レバレッジ 1,000倍
ロスカット水準 20%
ゼロカット
最低取引枚数 最低入金の設定なし
ドル円スプレッド 1.6pips~
手数料 無料
日本語サポート 電話・メール・ライブチャット

口座開設するだけで13,000円のボーナスがもらえるXM Tradingがおすすめ!
筆者が海外FX初心者におすすめする信頼性の高い業者は「XM Trading」です。 日本人が設立した海外FX業者ということもあり、日本語サポートのレベルは他社に比べてかなり高くなっています。 また、最大レバレッジ1,000倍、追証が発生しないゼロカットシステムを採用し、安心してトレードを楽しんでいただけます。今なら13,000円の口座開設ボーナスがもらえます。ぜひ海外FXにチャレンジしてみましょう。  
 \ノーリスクで13,000円がもらえる!/

XMの口座開設はこちら

サイト内サーチ