ビットコインFXでの勝ち方!仮想通貨FXで利益がでる仕組みやメリットを紹介

2024.05.20

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは、仮想通貨を対象としたレバレッジ取引のことです。

仮想通貨の将来的な値上がりや値下がりを予測して、買い注文もしくは売り注文を行い、価格変動の差額分が利益として受け取れます。

現物取引と違いレバレッジをかけることができるため、少ない資金で取引できる上に、大きなリターンも狙えるのが特徴です。

本記事では、仮想通貨FXで利益が出る仕組みやメリット・注意点、ビットコインFXでの勝ち方を紹介します。

仮想通貨FX(ビットコインFX)に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨FXを始めるならXMがおすすめ!
XMならビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨はもちろん、一般にはあまり知られていないマイナー通貨までスタンダード口座、マイクロ口座、KIWAMI極口座でCFD取引が可能です。
すでに海外FXで大きな知名度と長い運営年数を誇り、日本人口座開設数No.1の人気を誇っています。
XMで仮想通貨取引をぜひ!

XMで仮想通貨取引をはじめる

仮想通貨FXで勝つために知っておきたいこと

まずは、仮想通貨FXで勝つために知っておきたいことをいくつか紹介します。

知らないと損する可能性があるので、しっかり理解してから始めましょう。

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXとは、仮想通貨の価格変動を利用して利益を狙うレバレッジ取引のことです。

現物のやり取りを行わず、買値と売値の差額で取引を行う「差金決済」の一種で、実際に仮想通貨を保有するわけではありません。

仮想通貨の将来的な値上がりや値下がりを予測して、買い注文もしくは売り注文を行い、価格変動の差額分が利益として受け取れます。

仮想通貨の価格が変動する仕組み

仮想通貨は米ドルや日本円などの法定通貨よりも大きな値動きをするのが特徴で、さまざまな要因で価格が変動します。

例えば、過去には次のような要因で価格が大きく変動してきました。

  • 仮想通貨の利用が普及する
  • 著名人が仮想通貨について言及する
  • 先進国の仮想通貨に対する規制が強化される
  • 取引所の破綻・ハッキングにより信用が下がる

いつどのタイミングで価格が大きく変動するのかは誰にも予測できません。

そのため、常に仮想通貨に関する最新情報にアンテナを張っておく必要があります。

仮想通貨の現物取引との違い

仮想通貨の取引には大きく「現物取引」と「FX取引」の2種類があります。

現物取引はビットコインやイーサリアムなどの資産を、預けた資金の範囲内で売買する取引のことです。

例えば、口座に10万円入金したらその10万円の範囲内で取引を行い、10万円以上の金額で取引はできません。

一方、FX取引は「差金決済」という仕組みを利用していることから、レバレッジをかけて10万円以上の金額で取引することができます。

預けている資金以上の取引ができるかできないかが、現物取引とFX(レバレッジ)取引の大きな違いです。

FXとの違い

仮想通貨FXとFXでは、主に投資対象の商品が異なります。

仮想通貨FXはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が投資対象で、FXは米ドルや日本円などの法定通貨が投資対象です。

また、仮想通貨市場は24時間365日動き続けており、土日関係なく取引できます。

それに対して、為替市場は土日閉場となるため、FXで取引できるのは平日の24時間のみです。

仮想通貨FXのメリット

仮想通貨FXには次のようなメリットがあります。

  • レバレッジをかけた取引で大きな利益を狙える
  • 少ない資金で取引をスタートできる
  • 売り注文からの取引も可能

1つずつ詳しく見ていきましょう。

レバレッジをかけた取引で大きな利益を狙える

仮想通貨FXでは、レバレッジをかけた取引で大きな利益を狙えます。

そもそもレバレッジとは、直訳すると「てこの作用」のことで、小さい資金でも大きな金額の取引ができることを意味します。

国内業者のレバレッジは最大2倍に対して、海外業者なら最大1,000倍での取引が可能です。

取引できる金額が大きくなれば、1度に狙える利益の金額も大きくなるのが仮想通貨FXの特徴です。

もちろんハイレバによる損失リスクは考慮する必要があるものの、資金効率よく取引できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

少ない資金で取引をスタートできる

仮想通貨FXは、レバレッジを使うことで少ない資金で取引をスタートできます。

レバレッジを使うことは大きな利益を狙える以外に、取引に必要な自己資金が少なくて済むというメリットもあります。

数百倍〜1,000倍のレバレッジを使える海外業者なら、数千円〜数万円という資金からでも十分です。

また、海外業者は口座開設ボーナスや入金ボーナスが充実しているため、自己資金の負担を減らした上で取引を始められます。

「少額から仮想通貨取引をしたい」「できるだけ自己資金の負担を減らしたい」という方は、ボーナスが充実している海外業者を利用しましょう。

少額の投資で莫大な利益を掴むなら今すぐに仮想通貨取引!
仮想通貨FXなら上下に激しい値動きを利用した爆益が狙えます。
通常の金融商品よりも高いボラティリティを持っているため、ハイレバで行えば短期間で大きな利益を獲得することも可能です。

XMなら多種多様な銘柄の仮想通貨を扱うことができ、約定スピードにも定評があります。
日本人に最も多く口座開設されている業者で日本語サポートが充実している点でも安心して利用できる業者と言えます。
出金拒否などの報告もなく、はじめてFXなどを始める方には最もオススメできます。

XMでぜひ仮想通貨FXをはじめてみてください!

XMで口座開設する

売り注文からの取引も可能

仮想通貨FXでは、現物取引とは違って売り注文からの取引が可能です。

現物取引では仮想通貨の現物を購入することからしか取引ができず、購入価格よりも高い価格で売却しなければ利益を出せません。

それに対して仮想通貨FXは、現物の受け渡しを行わず仮想通貨の価格変動のみを利用して取引を行うため、価格が下がると思えば売り注文から取引を始めることもできます。

売った価格よりも安い価格で買い戻すことでも利益を出せるため、仮想通貨FXは現物取引よりも2倍のチャンスがあると言えます。

勝ち方のコツ4つ

ここでは、ビットコインFXの勝ち方・勝つためのコツを4つ紹介します。

これから仮想通貨FXを始めてみたい方は、ぜひ参考にしてください。

取引コストを抑える

仮想通貨FXで勝つには、取引コストをできるだけ抑えることが大切です。

取引毎に必ずかかるコストを最小限に抑えれば、利益を最大限伸ばし、損失を最小限に留めることにつながるからです。

仮想通貨FXで主にかかる費用は、スプレッドと取引手数料の2つになります。

  • スプレッド:購入価格と売却価格の差
  • 手数料仮想通貨の購入・売却の際に取引所に支払うもの

特に取引回数が多いスキャルピングやデイトレードを行う場合には、できるだけ取引コストを抑えられる口座を選びましょう。

リスク管理を行う

仮想通貨FXで勝つためには、リスク管理を行うことも大切です。

例えば、元手100万円でリスクを顧みない取引で50万円の損失を被ったら、取り返すのが難しくなります。

一方で、リスクを恐れすぎて毎回100円程度の小さい利益ばかり取りにいってもなかなか資産は増えません。

重要なのはバランスで、自分が許容できるリスクの範囲内のレバレッジをコントロールしていく必要があります。

特に海外業者を利用する場合は、使えるレバレッジの幅も広くなるため、リスク管理の重要度がより高くなるでしょう。

デモトレードで自分に合った取引手法を見つける

デモトレードとは、バーチャルマネーを使い実際の相場で行う取引の体験・練習のことです。

自己資金を入金するわけではないため、失敗しても損をするわけではありません。

とはいえ、実際の相場を使い取引を行うため、仮想通貨FX初心者の方が自分に合った取引手法を見つけるのに最適なサービスと言えます。

いきなり自分のお金を使って取引するのが不安な方は、まずデモトレードで本番の環境に慣れておきましょう。

損切り・利確のルールを決めておく

仮想通貨FXで安定したい利益を出すには、損切り・利確のルールを決めておくことが大切です。

  • 損切りルール:価格が〇〇pips逆行したら決済する
  • 利確ルール:価格が〇〇pips順行したら決済する

ボラティリティが大きい仮想通貨では、想定外の値動きに巻き込まれて短時間で大きな損失になってしまうことがあります。

あらかじめ損切り・利確のルールを決めておけば、冷静な判断で取引を進められます。

もしもポジションを保有したまま相場から目を離すときは、自動的に決済ができる指値・逆指値注文を活用するのがおすすめです。

おすすめの仮想通貨取引所

下記は、仮想通貨FXにおすすめの仮想通貨取引所6社を一覧表にまとめました。

FXGTXMTradingTitanFXExnessBigBossBybit
銘柄数42種類58種類51種類11種類13種類350種類以上
最大レバレッジ1,000倍500倍100倍400倍1,111倍100倍
取引手数料無料無料無料無料無料0.01%
ボーナスの有無××

国内の仮想通貨取引所では、最大2倍のレバレッジしか使えませんが、海外の取引所なら大きなレバレッジで取引できます。

さらにボーナスを利用してお得に始められるため、初心者の方には海外取引所の利用がおすすめです。

海外取引所で初心者の方に最もおすすめできる業者は「XM」です。

XMはビットコインやイーサリアム、リップル(XRP)といったメジャーな仮想通貨はもちろんマイナーなアルトコインも多数取り扱っています。

また2023年8月23日にスタンダード口座とKIWAMI極口座で取引可能な29銘柄が追加されました。

今後もさらにこれから急激な値上がりが期待できるアルトコインが随時追加されていくようですので、注目です。

XMが最もおすすめできる理由としてXMは2009年から運営されており海外FX業者の中でも屈指の運営年数を誇ります。

また日本語サポートが充実しており、日本人口座開設数No.1を記録しておりSNSでも出金拒否が無いことや約定スピードの速さなど、取引環境が充実していることで安心して取引できる業者だと言えます。

海外FX業者はマイナーなところも含めるとかなりの数ありますが、その中でも最も安心して取引できるのがXMです。

仮想通貨FXを始めるなら老舗のXMがおすすめ!
XMはビットコインとイーサリアムならレバレッジ最大500倍まで対応!
そのほかの仮想通貨も250倍のレバレッジまでかけることができ、少額資金でも高い資金効率でトレードすることができます。
金融商品の中でも屈指のボラティリティを誇る仮想通貨と、XMが提供するハイレバは少額資金で爆益を狙うなら最高の相性です。

XMでぜひ仮想通貨をハイレバでトレードしてみてください。

XMで口座開設する

仮想通貨FXに効果的なトレード手法

ここでは、仮想通貨FXに効果的なトレード手法を4つ紹介します。

スキャルピング

スキャルピングとは、1回の取引が数秒〜数分間と短い時間で取引を複数回を行い利益を積み重ねる手法です。

値動きが大きい仮想通貨とハイレバレッジを組み合わせれば大きな利益が狙える上に、日をまたがないので、マイナススワップによる損失リスクを回避できます。

1回の取引での利益は小さいですが、複利で運用すれば、雪だるま式に資金を増やしていけます。

しかし、スキャルピングは取引回数が多いゆえにスプレッドや手数料など、取引コストが多くなりやすい点には注意が必要です。

デイトレード

デイトレードとは、1日のうちに取引を完結させる手法です。

時間軸はスキャルピングよりも長いですが、基本的に当日中にポジションを全て決済するため、マイナススワップの銘柄でも気になりません。

デイトレードはテクニカル分析を使って取引することが多く、スキャルピングと比べて取引時間が長いため、1回の取引あたりの損益も大きくなります。

次の日にポジションを持ち越すこともないため、価格の上下が激しい仮想通貨にも適している手法と言えるでしょう。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間の期間で取引を行う手法です。

スキャルピングやデイトレードと比べて取引時間が長いため、1回の取引で狙える利益も大きくなります。

また、長い取引時間がゆえに相場を常にチェックする必要もなく、兼業で取引する方にもおすすめの手法です。

一方で、1度に狙える利益が大きくなる半面、損失も大きくなりやすく、トレードに対してストレスを感じやすくなります。

加えて、スイングトレードはポジションを持ち越すのが前提になるため、マイナススワップの銘柄を保有する際は注意しましょう。

自動売買

自動売買とは、専用のプログラムによって24時間自動でトレードを行う手法です。

あらかじめ決められた取引条件に基づいて、自動的に売買が繰り返されます。

自分が相場分析をしなくても売買できるため、時間や知識がない人でも比較的利益を出しやすいのが特徴です。

しかし、自動売買はプログラムであるため、人間であれば対応できる急激な価格変動に対応できない場合もあります。

外的要因(ファンダメンタルズ)で仮想通貨の値動きが激しくなった場合は、自動売買の稼働を止めるなどの判断が必要でしょう。

仮想通貨FXの注意点

ここでは、仮想通貨FXの注意点を3つ紹介します。

ボラティリティが高い

仮想通貨は他の金融市場と比べてボラティリティが高いです。

ボラティリティとは、価格変動の度合いを表す言葉で、価格変動が大きい相場を「ボラティリティが高い」と表現します。

仮想通貨市場は、為替市場や株式市場と比べてボラティリティが高いため、大きな利益を狙える半面、大きな損失が発生するリスクも高いです。

一部の投資家の大口取引により、価格が大きく変動することもよくあります。

そのため、「少額で取引する」「損切りルールを決める」など、急激な価格変動にも対応できるような戦略を考える必要があります。

ハイレバレッジ取引のリスク

仮想通貨FXでは、一定以上の含み損を超えると、ポジションが強制決済される「ロスカット」が発動します。

特にハイレバレッジ取引では損益の変動が激しく、少しの価格変動でロスカットされる可能性が高いです。

海外業者を利用していれば、ゼロカットシステムにより追証(借金)のリスクはありません。

しかし、ロスカットされることで、大きな損失を出すリスクがあります。

1回の取引で大きな損失を出さないためにも、レバレッジをフルで使ったリスクの高い取引は控えましょう。

利益は課税対象になる

仮想通貨FXでポジションを決済し、確定した利益は課税対象です。

会社員などの給与所得者は年間20万円以上の利益、学生や個人事業主・専業トレーダーは年間48万円以上の利益が利益が出た場合に確定申告と納税が必要になります。

仮想通貨FXで得た利益は雑所得に分類され、他の所得などとは別で計算しなければいけません。

確定申告が必要なのにも関わらず「申告しない」「申告が遅れる」と、追徴課税などのペナルティが課せられるので、必ず期限内に確定申告と納税を済ませましょう。

仮想通貨FXで勝つためによくある質問

仮想通貨FXで勝つためによくある質問をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

ビットコインFXはいくらから始められる?

ビットコインFXは数千円〜数万円程度の少額から始められます。

現物取引の場合、購入価格を全額自分で負担しなければいけません。

一方、海外FX業者のビットコインFXでは1,000倍程度のレバレッジが使えるため、自己資金よりも大きな金額の取引もできるため、少額からでも始められるのです。

仮想通貨FXで勝てない理由は?

仮想通貨FXで勝てない人の主な理由は次の3つです。

  • レバレッジのかけすぎ
  • 損切りができない
  • 暗号資産について勉強しない

さまざまな要因で価格が変動する仮想通貨では、常に最新の情報収集が欠かせません。

人の情報を鵜呑みにして自分自身では勉強しない人は勝てるようにはならないでしょう。

仮想通貨とFXどちらが儲かるの?

一概に仮想通貨とFXどちらが儲かるとは言えません。

どちらもやり方次第では、大きく稼ぐ可能性を秘めています。

ただ、一攫千金を狙ってギャンブルトレードをするのは危険なので、損失は小さく抑え、利益をコツコツ増やすことが重要です。

ビットコインFXはスキャルピングが禁止されている?

国内取引所ではスキャルピングが禁止されていることが多いですが、海外取引所では禁止されていません。

そのため、海外取引所の方が自分に合ったトレードスタイルで取引を行えます。

ビットコインの値動きの大きさとハイレバをうまく活用すれば、短い時間のスキャルピングでも大きな利益を狙いやすくなります。

まとめ

今回は、仮想通貨FXで利益が出る仕組みやビットコインFXでの勝ち方について紹介してきました。

仮想通貨FXではボラティリティの高さとレバレッジを利用して、大きな利益を狙うことができる上に、下落相場でもチャンスに変えられます。

しかし、レバレッジを使うということは、失敗したときの損失も大きくなりやすいため、注意が必要です。

  • 取引コストを抑える
  • リスク管理を行う
  • デモトレードで自分に合った取引手法を見つける
  • 損切り・利確のルールを決めておく

本記事で紹介した勝つための4つのコツを実践して、仮想通貨FXで利益を狙っていきましょう。

大きな成功を掴みたいなら仮想通貨FXがおすすめ!
XMで仮想通貨CFDをするなら今がチャンス!
実はXMは2019年12月に一度仮想通貨CFDの取引を停止していました。理由は仮想通貨市場が成熟しておらず金融商品として安定的にサービス提供が難しかったためです。
ですが、現在は魅力的な金融商品として安心して提供できると判断し、仮想通貨CFDの取引を再開させています。
それに伴い、巨額を動かす投資家や企業が一気に資金を投入しているため大きな値動きが期待でき、上昇も下落もダイナミックになっています。
そんな今が一番狙い目のタイミングだと言えるため、ぜひいま、仮想通貨FXにチャレンジしてみてください

XMでぜひ仮想通貨FX取引を体験してみてください。

XMで口座開設する

サイト内サーチ